先日8月15日は終戦記念日です。新聞には75年前の話題が多い。

先日、新聞にこんな記事が

終戦記念日、わずか75年前の8月15日、

日本は無条件降伏をした。

戦争は、決して偶然突発的に起こった訳ではない!!

民意の敵意識が強くなったからだ!!

他国が進入してきた!

悪い奴だ!

黙って見てる弱虫か?

武器を持って!

今の若い人は戦争を知らない。

私も50歳になるが、戦争を直接は知らない。

戦争を知らない者は、簡単に攻撃的な発想をする。

戦後75年、今もなお被災した方の苦しみは続いている。

いまだに苦しみは続いているんだよ!

病気や風評被害!死者への悲しみ!

今日の新聞に

当時の首相動静録の事が書かれていた。

終戦前から終戦後、和平を考えていた鈴木貫太郎首相は、

国の将校に命を狙われて逃げていた。

そう!和平を許さないのは誰だったねでしょうか?

今更、死ぬまで戦う!?

戦争は偶然突発的に始まったのではない!

アメリカの直近の戦争も武器商人の広告技術だった!

戦争必要だ!何故?悪はやっつけろ!我が国の正義を貫け!

結果、武器商人に多額の利益を産んだ!

最新式の戦闘機も、最新式の爆弾も作り上げた!

準備は大丈夫だ。

そんな時代に生きる私たちに出来る事!

戦争の現実を伝えてもらった者として

決して風化しないよ後世に伝える事。

戦争体験者は、戦後75年たっても癒えていない。

自身の病気や傷、死者への罪悪感や悲しみ。

戦後焼け野原から生き抜いた方々も、もう80歳以上になる。

戦争で忘れてはいけない事、

生きてきた証。

その世界の方隅で生き抜いてきた人たちを

コミカルに描いた作品

この世界の片隅に 特装限定版 【ブルーレイ ソフト】

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

バンダイビジュアル この世界の片隅に 特装限定版 【ブルーレイ ソフト】
価格:9860円(税込、送料無料) (2020/8/19時点)

楽天で購入

原作は、

こうの史代さんの書いた漫画です。

戦争物語って目を背けたくなるぐらい惨い。

特にこの物語の広島・・・

当時の様子を語る人は少ない。

それは鮮明なほど悲惨な状態で聞くのが怖い。

原爆の様子なんてもう見えたものではない!!

しかし、

前向きに捉えて表現したこの物語は、

悲しいけど心暖かい気持ちになります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【新品】この世界の片隅に (1-3巻 全巻) 全巻セット
価格:2138円(税込、送料別) (2020/8/19時点)

楽天で購入

是非、原作も ブルーレイ見て下さい!!

もう一度確認します!!

そんな時代に生きる私たちに出来る事!

戦争の現実を伝えてもらった者として

決して風化しないよ後世に伝える事。